上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっと!
ありえなーい(`3´)←



携帯電話が鳴ったので
ディスプレイを見たら
知らない番号から…

いつもなら、
出ないんですが
気が向いたから
電話にでたら
間違い電話だった話。




「はい?」


『もしもし?○○?』


「いや、違いますけど…」

『え?マジで??』


「…え?あぁ……はい」


そんな冗談言わん。


『えー!絶対○○だってー』


いや、ちゃう言うてるがな。

「いや、だから
違いますけど?」


『えーじゃあ○○どこよ?』

知らんがな!!

「いや、知りませんけど…」


『え?なんで知らないの?
マジうけるww』


こいつマジうけるんですけど


「いや、番号間違えたんじゃないんですか?」


『え…?』


「いや、だから…番g『いや、ありえないから』」


どっからその自信沸いてくんだよww
「でも私○○さんじゃないですけど…」


『分かってるからwwまじうけるんですけどw』



まじお前ウザいんですけど


「じゃあ、かけ直してみたらどうですか?」


『分かってるからw』

え?まじなんなのコイツ。



「……それじゃぁ、失礼しまsブ チ ッ!…ツーツーツー



まじなんだよ。




数分後――……

そして再び電話が鳴る


まさかと思い
よせばいいのに出てみた私。

「はい?」

『あ、○○ー?さっきさぁ…ちょーウケることあった ブ チ



途中で切ってやった私です。



それから、何度か
かかってきましたが、
無視しました。今は、もうあの番号から
かかってくることは、ないでしょう…。




―完―

スポンサーサイト

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。